スポンサーサイト

九州西国観音第7番-宝籠山宝満寺

大分県の別府温泉を望む高台にある九州西国霊場第7番・宝籠山宝満寺。別府で最古のお寺だそうで仁聞菩薩という僧が養老2年(718年)に開基した天台宗のお寺。こじんまりとしたお寺で、もともと他の場所にあったのを大正の頃に現在地へ移し、再興したそうです。山門前には大乗妙典と言うものが組み込まれた石垣があります。右端のやつね。階段を登って山門をくぐって反対側から見るの図。左にちょっと映ってるのが社務所です。...

Read More

気分爽快の後に気分悪くなった話

なんだかんだとダラダラ過ごしていたらいつの間にか1ヶ月も記事更新してませんでした。ただ胸にモヤモヤしたものがあって久しぶりの記事があんまりおもしろくない話になってしまいそうです。ブログにも書いてますが、春に九州に来て以来、九州西国33ヶ寺巡りを始めました。先頃の休日もとあるお寺をハシゴしてきました。まず気分爽快だったお寺の話から。そこは山の中腹にあってこじんまりした本堂以外はお世辞にも立派とは言いが...

Read More

九州西国観音霊場第5番-長岩屋山天念寺

今月は週刊山城守状態になってるこのブログ。さすがに5日以来、土日祭日すべて出勤してるともうブログどころではありません。今日やっとこさで休みを取ってこのブログ書きです。九州西国観音霊場巡りも少しの間ご無沙汰でしたが、また再開。今回は第5番札所の長岩屋山天念寺。大分県豊後高田市の山間にある天台宗のお寺です。かつては前を流れる長岩屋川流域に住僧屋敷が軒を連ね、天念寺十二防が成立していたとか。ところが昭和...

Read More

九州西国第3番 補蛇落山清水寺

九州西国霊場巡りの第三番は補蛇落山清水寺。前回の長谷寺といい、この清水寺といい、この名前のお寺は日本国中にあるんでしょうね。場所はと言うと、大分県宇佐市。第2番へ行った帰り道って感じのところで、うっかりすると通り過ぎてしまいそう。現に100メートルほど行きすぎて後戻りしたほどです。この石柱がなければ気づかなかったほど。門前の駐車場に車を止めてまず最初にお目に掛かるのがこの山門。この角度だとちょっとわか...

Read More

九州西国第2番 大久山長谷寺

九州西国霊場巡礼の2番目は 大分県の耶馬溪にほど近い八面山の麓にある大久山長谷寺。関西出身の私は長谷寺と言えば奈良の牡丹で有名なお寺を真っ先に思い浮かべますが、このお寺は全く違った佇まいです。農道をナビを頼りに山の中へ進んでいくと、素朴な石塔が建つ参道入口に辿り着きます。うっかりすると通り過ぎてしまいそう。参道といってもどっかの農家に入口に続く小径のようにも思える。お寺自体はお世辞にも立派とは言い...

Read More

九州西国第1番 英彦山霊泉寺

佐賀に来て二ヶ月。だいぶ土地勘にも慣れてきて段々行動範囲が広がってきました。そして更にテリトリーを広げようと九州西国観音霊場巡りの開始です。九州西国霊場は約1300年前の和銅六年(713)に宇佐の仁聞菩薩と法蓮上人により開創されました。日本最古の霊場巡りだそうです。北部九州の33ヶ寺を巡る1100km。例によって順番通りに巡るというこだわりの第1番札所は英彦山霊泉寺。ここは福岡県と大分県の両県にまたがる...

Read More

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。