番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女人高野 その2

五重の塔の横の石段を登って行くと奥の院。
受付でもらったパンフレットでは大した距離もなさそうだし、奥の院の御朱印ももらいたいのでここはちょっと頑張ってと。



しばらく歩くと天然記念物のシダの群落とかがあってこの橋までは順調。
s-DPP_00069.jpg



ところが橋を渡るとそれまで緩やかだった勾配が急にそそり立つような急勾配。ひえー!
s-DPP_00070.jpg


おっちらおっちらと登っていくと前方に奥の院位牌堂の舞台がようやく見えてきた。
サラッと書いてるけど実のところ橋からここまでかなりきつい。
距離はさほどでもないが、とにかく勾配が……。
ここで息を整える為にしばし休憩です。
もう既に首にかけたタオルはグッショリ。
例によって「お先にどうぞ-」の台詞の連呼。
s-DPP_00072.jpg



ようやく辿り着いた奥の院位牌堂。
上の写真でわかるとおり、半分以上が崖の上に建ってる状態。
この向かい側にある詰め所で御朱印をもらうのですが、心拍数を正常値に戻すのが先決。(笑)
詰め所の人と目が合っても、心の中で「ちょっと待ってね」
s-IMG_4388.jpg



位牌堂の周囲の廻り縁。
釘隠しとか軒裏とか擬宝珠とかをアップで撮ってたら、怪訝な顔で見られてた。
何でそんなもん撮ってんの?って感じ。
まあ、普通の人にしてみたら当然そう思うわなぁ。
s-DPP_00089.jpg



御影堂。
弘法大師42歳の像安置してるとか。
ここの屋根は一風変わってます。
厚板段葺きで頂上に石造りの露盤が置かれてるのが他に例を見ない建物とか。
s-DPP_00078.jpg



室生寺御朱印三点セット。
左から奥の院、金堂、仁王門前社務所。
三つとも個性があって面白い。
s-img0007.jpg



よろしければ いやいや 是非とも応援ポチリ! お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ありがとうございまーす!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。