番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉涌寺の鬼瓦

皇室の菩提寺として有名な京都の御寺 泉涌寺(みてら せんにゅうじ)
立派な塔頭はそれとして山城守流の楽しみ方はやはりこれ。
鬼瓦

どう? これ。
一方向から4つも同時に見られるのはそんじょそこらにはないんではないかい。



ちょんまげもご立派。
s-IMG_4290.jpg


で、この写真を撮った時には気付かなかったけど、奥の方の鬼瓦に注目。
s-IMG_4289.jpg


なぜか、突っ伏してる。
それも尋常ではないほどの…。
鼻めり込んでるし、口端の牙の隙間から辛うじて呼吸できるかどうか。
苦しイー!
そんなにいじける理由とは?
s-IMG_4285.jpg


取付方がまずくて前方に傾いてしまったというわけでもないし、最初の造形の段階からこういうスタイルで作ってるのは間違いなさそう。
s-IMG_4284.jpg

しかしながら、他のやつみたいに仁王さんばりの見栄を切ることを剥奪されたか、もしくは敢えて自分から捨て去ったようなこの鬼さんに一体どんなストーリーがあったんでしょう。


追記
これ書いてて少し不安になってきた。
もしかして、これにはちゃんとした謂われとか意味合いがあって、それを全く知らないんじゃないか?
ものすごく罰当たりかも。
まさに、知られざる世界(むかしこんなドキュメンタリー番組があったっけ)



よろしければ いやいや 是非とも応援ポチリ! お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ありがとうございまーす!
関連記事
スポンサーサイト

タグ:泉涌寺 鬼瓦

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。