番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるい手水舎

先日,松山へ行った時のこと。
予定より1時間ほど早く着いたので、ふと目にとまった椿神社なるところに寄ってみました。
椿神社とは通称のようで、正式には伊豫豆比古命神社(いよずひこのみことじんじゃ)と言うそう。
(漢字変換が大変。一文字ずつ変換した。)

結構由緒ある神社みたく、通称にもある椿にちなんで、藪椿が自生してます。

で、立派な楼門の両脇にある格子部分。
通常は仁王さんとかがその中から睨んでると思いきや…。



ここにおわす方をどなたと心得る。
右大臣と左大臣であらせられるぞ。
頭が高ーい。控えおろー!
ははーっ。
守衛室のおじさんに見えなくもない?
s-IMG_0848.jpg


さすが、俳句が盛んな松山。
境内には句碑玉垣なるものが所狭しとある。
s-IMG_0851.jpg



標題に書いたのがこれ。
手水舎には龍というのが定番だと思ってたら、ここはゆるキャラ。
一緒に祀られてる女神の愛比売命(えひめのみこと)をデザインされてるのかな。
椿姫って感じです。
それはそうと、明治になって県名を決める時に(えひめのみこと)から命名されたそうです。
都道府県名に御神名を冠されたのは,愛媛県だけとか。
s-IMG_0852.jpg




よろしければ いやいや 是非とも応援ポチリ! お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ありがとうございまーす!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。