番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロな

赤くて丸い郵便ポストはうちの近くに一つあるのですが、この手の消火栓は滅多に見かけませんね。

栓の部品なんかは真新しそうなので保守整備されながら現役で頑張っているんでしょう。

でもある意味、頑張ってもらったら困る設備ですが。

レトロということで、デジカメ全盛期の現在では影が薄くなったフィルム仕立てにしてみました。

ポジフィルム風。
そういえば昔、投影機でスクリーンに映してましたねぇ。
カシャ、カシャっと一枚ずつ横からスクリーンセーバーのように出てくるやつ。




こちらはおなじみのネガフィルム風。
電灯に透かして見ながら、これプリント頼もう。これピンぼけだからなし。とか…。
s-IMG_5238-2.jpg



よろしければ いやいや 是非とも応援ポチリ! お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





ありがとうございまーす!
関連記事
スポンサーサイト
智恩寺   
|    |  

Comment

おはようございます。

いえいえこのタイプの消火栓、私の地域にはいっぱいあります。・・・でも、新たに整備された地域ではたしかに少なくなっているような気がします。
たしか消防法で、河川とか防火用水がない地域(面積にもよりますが?)では設置が義務付けられていたような気がしますが・・・、どうなんでしょう?

会社の敷地内にもあって、色あせボロボロだったのが新品に換わっていました。ですから、まだ製造はしていると思います。

2012/10/01 (Mon) 08:28 | フリーダム #- | URL | 編集 | 返信

フリーダムさんへ

おはようございます。
そうだったんですか。自分の行動範囲では道路に四角いマンホール状態で設置してある物しか見たことがなかったので…。
改めて考えてみると、雪の多い地方とかはマンホール状態ではいざという時に消火栓の在りかが判らなくなってしまうことも想像できますね。
実はうちの家の真ん前に消火栓があって、近所が火事になった時は水浸しになるけど、自分の家の有事には近すぎて使えない上、家の前がそのために駐禁という何とも不条理な状況です。
以前、わずか10分ほど家の前に駐めて家に入ってる間にキップ切られました。(哀)

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。