番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西国33ヶ寺~善峯寺

西国33ヶ寺巡りは第20番札所の西山善峯寺。
ここも桜、ツツジ、紫陽花、菊、紅葉と花の寺としても有名な天台宗のお寺です。
本尊は十一面千手観世音菩薩。


今でこそ車で境内の駐車場まで乗り付けられますが、昔は麓から歩いて登って来たことを想像するとかなり
しんどかったでしょう。
西国巡りは四国と違って山上にあるお寺が多いんですよね。



元禄5年(1692)創建の仁王門。
このお寺は仁王門の前にあまりスペースがないので門全体をカメラに納めるのが一苦労。
隅っこまでめいっぱい下がって撮ってやっとこれ。
さほど大きくない門ですが、組み物がすごい。




門を潜って石段を上がるとすぐに本堂(阿弥陀堂)が。
入母屋造り本瓦葺きの大屋根が見事。
s-IMG_5566.jpg



徳川5代将軍綱吉の生母・桂昌院お手植えと伝わる「游龍の松」
推定樹齢600年。2mほどの高さで水平に伸びていて以前は54mもあったそうですが、松食い虫の害で切られ、
今は40mほどだとか。
それでも先端がどこか分からないぐらい。
s-IMG_5583.jpg



この檜皮葺の多宝塔は形がきれいですね。
元和7年(1621)再建で善峯寺で一番古い建物。
s-IMG_5579.jpg



自分で勝手に「獅子瓦」なんて呼んでましたけど、本来は「留蓋」というらしい。
雨漏り防止が本来の目的だけど、装飾を施して魔除けの意味もあるとか。
お寺にはこの逆立ちスタイルが多いですね。
s-IMG_5558.jpg



この鯱。なんか変だと思いませんか。
そう、ヒレが下向いてます。
クルッと回ったのか、もともとこんな向きなのか。
いろんなお城やお寺でかなりの数の鯱を見てきたけど、ほかにこんなの見た記憶がないです。
s-IMG_5589.jpg


まだまだ見どころがいっぱいあるお寺なので次回も続きがあります。



よろしければ いやいや 是非とも応援ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ありがとうございまーす!



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。