番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨降り竹田城~その1

前回で宣言した通り、思い付きで但馬竹田城へ行ってまいりました。
ほんとは夜明け前に登って朝方に立ち込める雲海を見たいところですが、そこまでの根性がないのが哀しい。

朝8時過ぎに京都を出発することに。
この頃はまだ曇り空だったのが、兵庫県に入る頃には間欠ワイパー、それが近づくにつれてロー、ハイへと変わり、駐車場に着いた頃は「もうこのまま帰ろかな」というほどの土砂降り。

でもせっかく2時間かけて来たんだからと登ることに。
それにしてもこの土砂降りの日に駐車場はほぼ満車。
なんとか空きスペースを見つけて駐めたけど、後ろを見ると駐める場所を探す車が続々と。
人気のほどがうかがえる瞬間でした。

登城ルートはと言うと、前回失敗した花屋敷址への最短近道ルート(うさぎさんコース)は通行止めのロープが張られている。
よかった。言い訳の理由がついた! と内心ほくそ笑みながら、亀さんコースへ。
地図の通り、南千畳の下をぐるっと迂回して大手門へ至る舗装されたルートです。



駐車場脇にある亀さんコース入り口門(勝手に名付けました)
s-IMG_0760.jpg


こんな感じの緩やかな登り坂が続きます。こりゃらくちん。
この頃だけがわずかに薄日が射した時。
あとはほとんど雨、雨、おまけに風。
s-IMG_0763.jpg


ここから先はちょっと段差の高い石段が大手門跡まで続きます。
ここで驚いたのが、かなりのお年寄りのご婦人が杖をついて片方の手を引かれ、見てる方が怖いくらいの足取りでその石段をゆっくりと登って行かれる。
平地を歩くのも難儀だろうにと思うほどの足取り。
城ガール人気、恐るべし。
s-IMG_0770.jpg


大手門から見る南千畳。
あの麓をぐるーっと迂回してきたと言うこと。
それにしても、人が多い。
次から次へと登ってくるし、南千畳にも多くの人影が。
s-IMG_0777.jpg


大手門跡を登ると、北千畳。
とにかく足元がグチュグチュ、ヌルヌルでいつすってんころりんするかヒヤヒヤもん。
まだここは枯芝が残ってるのでましな方。
ほかは赤土が田んぼ状態で何回エクサボディー状態になったことか。
おかげであまり石垣の際まで行くこと叶わず。
s-IMG_0790.jpg


そうこうしていると、谷底からもやがもやーっと立ち昇ってきました。
もやに霞む本丸天守台。
おお、あそこも人いっぱい。
s-IMG_0794.jpg



s-IMG_0797.jpg


今夜はここまで。



よろしければ いやいや 是非とも応援ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ありがとうございまーす!



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。