番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西国薬師49~第2番 霊山寺奥の院

西国薬師49巡りの第2番、霊山寺
奥の院へ行く道の両側にはこんな灯籠が並んでます。
うっそうとして薄暗い中でこの灯りはなんか黄泉の世界へ導かれているような……。
おっといかん。まだまだ現世でしたい事がいっぱいあるのでご勘弁を。



奥の院までの道のりは前半は薄暗い木立の中、急な登り坂が続いていてちょっときつい。
途中のベンチで1回休憩する。
後半は下り坂で頭上も開けて明るい。
そしていきなり前方が開けた。
特徴あるしめ縄の鳥居を越えると下りの階段がまた薄暗い山の中へ誘います。
多分歩いた距離からして、奥の院はさほど遠くないだろう。
20130205-IMG_1948.jpg


これが奥の院。
ひと山越えた谷間にある感じですね。
弘法大師がここへ来て霊験偉大と体得された大辯才天と七福神が祀られてます。
近くに幹線道路が通ってるはずなのに下界の喧噪は聞こえてこなくて、独特の雰囲気が漂ってます。
人気がないので余計に。
20130205-IMG_1950.jpg



20130205-IMG_1955.jpg


20130205-IMG_1958.jpg


帰りは下りが登りに(当たり前)なっててふくらはぎがプルプルしてるのがわかる。
何とか本堂まで戻って来て社務所で御朱印をいただきました。
『諸人の なやみを除く 薬師さま 祈りあらたか 鼻高の里』
20130205-img022.jpg


霊山寺は西国薬師49巡りの他に、大和13佛巡りというのもあって、御朱印をもらえば無料で屏風の台紙が貰えます。
予め印刷されてある上に文字通り御朱印だけ押してもらうタイプ。
それならばといただいてまいりました。
20130205-IMG_1952.jpg


ここは第10番で、三回忌の守り佛。
戌、亥年生まれの守り本尊とか。
20130205-img020.jpg



よろしければ いやいや 是非とも応援ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ありがとうございます!


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。