番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本城本丸御殿

前回の訪城時は本丸御殿の復元作業真っ最中の時で見学できなかった熊本城本丸御殿。
今回の九州遠征の最大の目的が完成なった本丸御殿の見学だったので休日で人が多いのを承知で行く事に。

好きなものは後で食べるタイプなのでまずは天守へ登って上からの俯瞰。
実は天守へ登るのも一苦労。
階段も人が多くて立ち止まってばかり。
登ってからは窓際のポイントへ行ってスペースが空くのを待つ事数分。
例のごとく、周囲には中国語が飛び交ってます。
おい、ここは日本か?

やっとこさ、場所取りして見下ろすと、おおっ、すごい。
わりと屋根は反りもなく直線的でシンプル。



中へ入るとこのずらりと並んだ梁に圧倒されます。
ポカーンと口を開けて見上げていると、係の人が近寄ってきて「これ1本1000万円以上します」
ギョエー!。地下の穴蔵部分も含めたら一体何十本使われているのやら。
ポカーン、ポカーン!。
RY-IMG_4733_01.jpg


鶴之間という下座にある一番広い部屋からどーんと奥の方を見る。
正面に見えるのが若松之間で若松之間の右側に昭君之間が隠れてます。
RY-IMG_4734_01.jpg


「苦しゅうない.近うよれ」「ははー」ということで左側の縁側を通って梅之間、櫻之間、桐之間の横を進みます。
各部屋とも20畳以上の広さ。
一部屋に我が家一軒は余裕で入ります。(悲)
RY-IMG_4736_01.jpg


これが若松之間で、奥が昭君之間。
RY-IMG_4741_01.jpg


RY-IMG_4742_01.jpg


廊下を90°曲がって昭君之間を間近から見る事が出来ます。
襖絵の色彩が目に眩しい。
RY-IMG_4743_01.jpg


ふと上を見るとこれまたすごい格子天井。
またまたポカーンでございます。
RY-IMG_4744_01.jpg

あんまり立ち止まってると,後ろから来る人に迷惑になりそうだったので、この辺で外へ出る事に。



よろしければ 応援 ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

熊本城

うらやましいです。
熊本城、本丸に行かれたのですね。
私はまだ行った事がありませんが、ぜひ行ってみたいところです。

でも休日は人が多そうですね。

岡山からだと新幹線で2時間ちょっとなのですが...。

2011/10/21 (Fri) 00:30 | ちびさん #- | URL | 編集 | 返信

Re: 熊本城

熊本城は本丸御殿だけでなく石垣も見応え十分なお城ですね。
行ったのがちょうど連休中だったので余計に人が多かったようです。
それと韓国、中国に近いせいか、そちら方面からの観光客の多さに圧倒されますが、行って損のないお城だと思います。
九州新幹線も開業して熊本、鹿児島へは行きやすくなりましたし。

2011/10/21 (Fri) 02:52 | 山城守 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。