番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしいもの見つけました

最近めっきりと更新頻度が下がって、週一のペースです。
でも決してブログ中断したわけではありませんので、気長に付き合って下さい。m(_ _)m

さて、今回は昔懐かしいものを見たのでアップします。
これ、何だかご存じでしょうか。
すぐわかる人は多分、わたくしと同年代かそれ以上の世代の方。
早い話が50代以上の方です。
知ってなくてもこれで作ったお菓子を一度は頬ばった事がどなたもあるでしょう。


s-20130622-見帰りの滝0166_04


答えは、
ポン菓子を作る機械です。
今で言う、圧力釜のようなものですね。
ドッカーンとものすごい音がするんですよね。

わたくしの子供の頃はこれをおじさんがリヤカーに積んで引っ張って来ました。
当時、我が家の前が空き地になってたので、そこが定位置。
材料のお米と砂糖を持参すると、左の黒い部分の中にお米を入れてハンドルをクルクル。
回転させながら下から炎で熱を加えます。
圧力が上がる間は、砂糖を釜の熱で溶かしておきます。

圧力計を見ながら程良く圧力が上がったのを見計らって右の網籠をセット。
そしてここからが一番の見せ所。
ハンマーで勢いよくフタの部分を叩くと、急減圧された釜の中のお米がドッカーンという大音響とともに膨張して網籠の中にほとばしり出るという寸法です。
あとは溶かしておいた砂糖をまぶして出来上がり。

お米の他には各種の豆なんかも材料になります。

今だと、騒音問題とか衛生面の問題だとかで路上で実演する事はなくなったかも知れませんが……。
もう一度あの音を聞きたいですね。ドッカーン!




ここまで見ていただいて有り難うございました。
これからの励みになりますので 是非とも応援ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ありがとうございます!



関連記事
スポンサーサイト

Comment

子供の頃は

お久しぶりです。ブログは毎日拝見しておりますが....。
懐かしいです、これ。
子供の頃はよくポンポン菓子のオジサンがきてましたな~。
出来たての美味しかった事思い出されます。
とんと最近見かけなくなったのは、やはり衛生面とか...騒音とかでしょうか?

本当に懐かしい~。

2013/07/17 (Wed) 22:23 | ちびさん #- | URL | 編集 | 返信

ちびさんさんへ

ご無沙汰です。
やっぱり同年代の方しか食いついてこない話題ですかね。(笑)
子供の頃は安くて量が多いおやつとして母親も重宝していたようですが。

おやつとしての楽しみよりも、あの大音響ともうもうと上がる白煙に興味津々で見てたものです。
飴細工とかもそうですが、路上で食べ物をこねくり回すようなパフォーマンスは受け入れられなくなってきたのかも。

2013/07/18 (Thu) 12:49 | 山城守 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。