番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡城~続き

連日の猛暑、たまりませんねぇ。
ここんところ、仕事が猛烈に立て込んできてお盆休みも昨日、今日の2日間だけ。
毎年の事ながら、客先から「連休明けに納品して」って一言で我がお盆の予定も無残に砕け散りました。(涙)

そういうわけで、久しぶりの更新は福岡城の続きです。

前回の記事で違和感たっぷりと紹介した石垣。
なーんか石垣にはそぐわない気がして。
それも石垣全体がこんなふうだったらそれなりなのかもしれないけれど、ところどころに組み込まれているのでついつい目がそっちの方へ引き寄せられる。
一つ見つけると、あっここにも、あそこにもって感じでもうそれにしか目が行かなくなって。
s-20130728-福岡城0072


天守台近くの石垣にかたまってあったのはやっぱり意図的?
s-20130728-福岡城0073


鉄御門跡を通って再び本丸広場へ。
正直、このあたりまで来ると背中ぐっしょりで胸のカラータイマーが鳴り続けてます。
帽子のつばの先からポタポタとしたたり落ちる汗にどこか屋内で休憩するところはないかと。
s-20130728-福岡城0075


ありましたー。
ちょうど多門櫓が公開中で、黒田官兵衛に関する展示品が見られるとか。
若いお姉さんがいろいろ説明をし始めてくれましたが、「ちょっと待って。この扇風機の前にしばらくいさせて」と懇願。
s-20130728-福岡城0088


多門櫓の内部。
公開されてるのは櫓の半分くらいでしょうか。
数百年の歴史が土壁や柱に刻まれてます。
もっと心技体がまともな時に見たかったけど、とにかく体力回復に努めるのが最優先。
s-20130728-福岡城0105


数分後、再びリュックを背負って本丸下の曲輪跡へ向かいます。
綺麗に整備されてる石垣を見るのもいいですが、個人的にはこんな風に夏草に覆われてるような石垣が好きです。
こういうのを見るといつも頭に浮かぶのが
「夏草や つわものどもが 夢のあと」
黄昏るにはまだちょっと時間的に早いのですが……。
s-20130728-福岡城0120



s-20130728-福岡城0121


下の段はラグビー場とかが整備されていてこの日は少年野球やドッヂボールの大会で賑やか。
こいつらはなんでこんなに元気なんだ?
ここで一句
平成の つわもの見たり 福岡城 
お粗末様でした。
s-20130728-福岡城0122




ここまで見ていただいて有り難うございました。
これからの励みになりますので 是非とも応援ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ありがとうございます!



関連記事
スポンサーサイト
秋月城   
|    |  

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。