番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安土城 98号 その2

ここ数日、タイの洪水関連の復旧の仕事で急に忙しくなってしまって塗装したままほったらかしになっています。
まさか、海の向こうの水害の影響が自分の仕事に及んでくるとは思いもしてなかったので、ニュースも真剣に聞くようになりました。
話に聞くところでは、タイの得意先の工場では水没した設備を潜水服を着て潜って回収して可能な限り2階へ運び上げているとか。
設備といっても鉄の塊なのでそう簡単に回収できるわけでもなく、また回収できたとしてもミクロン精度の精密部品の集合体なので錆や腐食をメンテナンスするためにオーバーホールが必要。
さらにそれを取り付けて生産する機械は水没したままとあって、現地での操業再開の目処はまったく立たないらしい。
タイのみならず、日本の製造業に与えた打撃は計り知れないものがあると痛感しています。
というわけで、自分が設計した設備が現地で水に沈んでいると思うと仕事が増えたことを素直に喜べない複雑な気分です。

仕事関係の話はひとまず置いて、安土城地階櫓門の続きです。
この号は部品が多いので作業量もいっぱい。
全階組み立てた柱と壁の上に桁を取り付けていきます。
半分ほど桁を付けたところで、上部が開いてきたので、しばらく輪ゴムで矯正。




接着剤が固まったところで残りの桁を付けていきます。
RY-IMG_0474.jpg

RY-IMG_0475.jpg



奥の方の引き戸は今までにない構造です。
なんか適当に作ったという感じで……。
RY-IMG_0473.jpg

RY-IMG_0476.jpg

今週は帰宅が遅くなる日が続きそうなので、ちょっとずつしかできそうにない。


よろしければ 応援 ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title

おひさしぶりです
安土城進んで来てますね~
あと一息ですね、頑張ってください
本業のほうも・・

また寄りますね

2011/11/06 (Sun) 19:25 | imajin #- | URL | 編集 | 返信

Re: No title

imajinさん、こんばんは。

> 安土城進んで来てますね~
> あと一息ですね、頑張ってください
いやいや、まだ難関がいくつも残ってますからねぇ。
世間の安土城模型への関心も以前よりなくなってきたように思えますし、築城過程のブログも少なくなってきましたね。

> 本業のほうも・・
こちらはもうハチャメチャになってます。
今までの経緯も忘れたかのように自分たちの都合だけで無理難題を押しつけてくる得意先には怒りを通り越して笑っちゃいます。
でもそれを受け入れなければならない下請けの立場はなんとも情けない限り。
機嫌を損ねたら即、オマンマの食い上げですから……。

2011/11/07 (Mon) 00:13 | 山城守 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。