番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中津城の続きです

天守の内部を一通り見学したあと、いよいよお城周りの散策です。
まずは天守前にどーんとある奥平神社。
今回はお城が目当てなので、軽くスルーです。
20130915中津城0054


でも狛犬だけは見逃しません。
このなんとも漫画チックな表情。嫌いじゃないです。
20130915中津城0073


中津城へ来る人もここまでは殆ど足を運ばない鉄御門跡。
わたしも前回訪城した時はこんなのがあることすら知りませんでした。
今は門跡は石で塞がれているのですが、この先は中津川。
昔は舟入があったんでしょう。
20130915中津城0077


反対側の川岸から見るとこんな感じです。
中央部の石の積み方が違うところに鉄御門があったということでしょうか。
20130915中津城0086


上の写真のクリーム色の建物の中。
なにかあるのかなって覗いて見たら……。
泳げたい焼きくん発見。
説明書きがなかったのでどのようないわれがあるのかわかりませんが、神事に使われていたんでしょうね。
20130915中津城0078


こちらは黒田氏時代の石垣と細川時代の石垣。
右側が黒田氏時代で左側が細川氏時代。
境界線がはっきりわかります。
黒田氏の石垣は中津川上流の唐原山城(とうばるやまじろ)から持ち出された石だそうで、当時主流だった野面積みではなく四角く成形された石を使ってるのが特徴とか。
20130915中津城0101



20130915中津城0108


前回の記事で書いた橋を渡って中津川対岸の葦原越しのショット。
石垣部分を葦に隠して撮ってみました。
どうです? あんまり見たことないアングルでしょ。
20130915中津城0122



20130915中津城0125



葦原の中にはたくさんの蟹がいて近づくと一斉に穴に避難。
カメラを構える間もなくあっという間に姿が見えなくなりました。
何とか逃げ遅れた奴をパシャ。
どこにもこういうのんびりした奴がいるもんです。
20130915中津城0126



川沿いをだいぶ歩いてきて今度は神社の森越しの天守。
次の橋までの距離が結構あるのでほぼ天守を180°の角度で見ることが出来ます。
20130915中津城0131



最後は一部残っている堀。
以前に来た時は全く蓮がなくて水面が見えていたのに今回は蓮がぎっしり。
20130915中津城0146


来年は大河ドラマで黒田官兵衛が主役になるのでこの中津城にも多くの人が訪れるんでしょう。
福岡城、秋月城、そしてここ中津城にも幟がいっぱい立ってます。


ここまで見ていただいて有り難うございました。
これからの励みになりますので 是非とも応援ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ありがとうございます!






関連記事
スポンサーサイト
|    |  

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。