番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利休にたずねよ

今月7日から上映中の映画「利休にたずねよ」を見て来ました。
この映画、お城ファンの皆さんはよくご存じだと思いますが、安土城築城の棟梁・岡部又右衛門を主人公にした小説「火天の城」の作者、山本兼一さんの直木賞受賞作の映画化です。
小説を読まれてない方でも本屋で平積みされていたのを否が応でも目にしたと思います。
かくいう私も原作は読んでなかったのですが……。

映画館へ行くと何でこんなに混雑してんの? というくらいの人、人、人。
うーん、どうやら21日から公開の「永遠の0」目当てらしい。
これも今、ジブリが零戦ブームに火を点けて、原作本も本屋に溢れてますもんね。
それに連休ということも。

ま、私が目当ての利休にたずねよの方は、興行的にはイマイチということらしく、それほど多くない客席に数えるほどの人しかいません。

時代劇もんの定番の合戦シーンはないけど、ヒューマンドラマとして見ればなかなかのもんだと思います。

原作を読んでないので、ストーリーはまったく知らない状態でしたが、その方が良かったかも。
というのは、冒頭でわざとピントをぼかして顔がわからない女性が出てくるのですが、この人がクライマックスでああ、そういう事ねというふうになるのです。



まだご覧になってない方もいるでしょうから細かいストーリーは省いて、先程言ったピンぼけの女性。
韓国の女優でクララという方だそうです。
正直、今までこの人知りませんでしたが、ファンになっちゃいましたね。
役柄は高麗の高貴な家柄の女性なんですが、お家の派閥騒動に巻き込まれて拉致され、日本へ売り飛ばされるという哀しい役柄。
チマチョゴリ姿で何とも可憐。
後半からの登場でしたが、最後の方はもうストーリーはどうでも良いからもっとアップの画面で長く見せてくれって叫びたくなってしまいました。
IMG_0026.jpg


映画館前の駐車場脇には永遠の0のピーアールイベントの零戦も展示されてました。
実際に撮影に使われた機体だそうで、一応、「機体には触れないで下さい」って注意書きがありましたが、この状態。
IMG_0002.jpg


中にはこんな人も。
IMG_0010.jpg


エンジンの排気管が集合管ではなくてシリンダーごとにカウルの横から出てるので後期型だと思いますが、これ、ほんとに飛ぶやつですかね。
それにしてもよくこんなもん、持ってきたなぁ。
力入ってます。
IMG_0017.jpg



ここまで見ていただいて有り難うございました。
これからの励みになりますので 是非とも応援ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ありがとうございます!



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。