番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午年ということで取り敢えず……

今年は午年ということで、撮り貯めた写真の中になんか馬に関する写真がなかったかなーと探してたらこれしか見つかりませんでした。

西国33ヶ寺霊場の第29番札所、青葉山松尾寺の本堂脇に建つお馬さん。
ネットでいろいろとこの馬の象がここのお寺にある理由を調べてみたんですが、これと言った有力情報に辿り着けず、他の人のブログでも「わからん」という結論みたいです。

お寺のHPに
 時に慶雲年中、唐の僧、威光上人が当山の二つの峰を望んで、中国に山容の似た馬耳山という霊験のある山があったことを想起された。登山したところ、果 せるかな松の大樹の下に馬頭観音を感得し、草庵をを結ばれたのが、和銅元年(七〇八年)と伝えられる。
 とあるのでそれに因んで寄進されたということなんでしょうか。

年の初めからこんなええ加減なことで締めていいのかいなと自問しつつ、ウィキペディアでもないし、ま、いいっか。
今年もこんな感じでテキトーに続けてまいります。


改めて写真見て、尻尾の先がないことに気づきました。
こうして見ると、ブロンズ像って案外肉厚薄いんですねぇ。

_MG_0806.jpg
関連記事
スポンサーサイト
|    |  

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。