番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紺碧の海

今年もあっという間に半月経ってしまいました。
気がつけば元旦におめでとう記事を書いたまま、相変わらずほったらかし状態が続いてしまいました。
しかしながら、その間もいろいろとうろつくことはしてますのでネタの方はあるのですが……。


先日、例のお寺巡りで長崎市の先にある岬の先っぽまで行って来ました。
野母崎という所です。
最近何かと騒がしい東シナ海に突き出した半島ですね。
さすがにこの辺りまで来ると海の色が違います。

この先の彼方に例の防空識別圏があるんですよね。
隣人同士、何とか仲良く出来ないもんでしょうか。



201401130007.jpg


古里港という漁港です。
数メートルはあろうかと思う水深の底までくっきり。
漁港の中でこの透明度は驚きです。
最近綺麗になってきたとはいえ、大阪湾とかのイメージが刷り込まれている悩には九州の海の色は感激ものですね。
地元の人には当たり前なんでしょうけど。
201401130016.jpg


201401130021.jpg


小学生の頃、趣味で切手集めをしてたことがありました。
国立公園とか国定公園シリーズの切手の絵がちょうどこんな色の海だったのを思い出しました。
その頃は、きっと色修正しているもんだと思ってましたが、あながち嘘ではなかったようです。
201401130023.jpg


この港の沖を眺めていたら、ふと目にとまった島がありました。
どこかで見たことのがある島影。
そうです。軍艦島。
正式には端島というそうです。
要塞のような姿が軍艦にそっくりだということで名付けられた島で、今は無人島になっていますが石炭の採掘場としてかつては数千人が住んでいたそうです。
今も廃墟と化した建物跡が残ってます。
この島がこの場所にあるなんて全く知らなかったので気づいた時は一人で興奮してしまいました。
201401130019.jpg


蛇足ですが、こういった空がバックの写真を見ると、画面周辺の光量不足が目立ちますねぇ。
メーカー純正のレンズだったらRAW変換時に光量不足を修正する事が出来るんですが、今使ってるレンズは純正じゃないし、望遠の為にあまり明るいレンズではないし。
気になりだしたらそっちに目がいって仕方がないです。



ここまで見ていただいて有り難うございました。
これからの励みになりますので 是非とも応援ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ありがとうございます!



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。