番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望のお引っ越し

会社2階での同僚との同居生活も1ヶ月以上。
ついにというか、やっとこさ、引っ越し先のアパートが見つかり、今日引っ越しすることになりました。
同僚のFさん、Sさんとのルームシェアリングという形は変わらないですが、今までと違うのは各人が
個別の部屋になったこと。
会社への通勤はバスの40分ほどを含めて1時間ほどかかるようになりますが、それは仕方がないでしょう。


昆山市の中心部にある新居のアパート外観。
こちらは建築材料のせいか、築後10年もすれば外観はこんな風に古びて見えるようになるそうです。
塗装の劣化、メッキ類の錆び等……。
この建物もそんなに古くはないと思いますが、周りのアパート群すべてこんな風です。
s-DSC_0192.jpg


3階が新居です。
とにかくこちらは他人の部屋のドアであろうが、階段の手摺りであろうが、工場のシャッターであろうが、所構わず
ベタベタと広告シールを貼っていくのです。
持ち主もそれに抗議するでもなし。
この国の街の美観を損ねている最大の要因です。
確かに地面に捨てられているゴミも多いですが、何よりひどいのがこれですね。
福を呼ぶ前にシールを呼んできた。
s-DSC_0209.jpg


扉を開けて正面がリビングルームの空間になっていて、その正面にソファがあります。
この国の引っ越しは転居先に持っていく必要のない家電や調度品はそのままにして行くそうです。
このソファーセットもそっくりそのまま残してあります。
s-DSC_0206.jpg


振り返ると大きなテレビとぬいぐるみ。
テレビはこのままではどうも映りそうにないですが、たとえ映ったとしても何のことやらわかんないです。
ピンクのぬいぐるみは引き継いだ前の住人が最後に持って帰りました。
残されたくまさんはちょっとだらけてますね。
s-DSC_0199.jpg


台所。
何よりも嬉しいのは電子レンジを置いて行ってくれたこと。
日本から持って行ったレトルトご飯のパック。
会社には電子レンジがなかったので湯煎してみましたが、グツグツと煮えたぎってもなかなか温まってくれませんでした。
これからは数分でホカホカご飯も食べられます。
s-DSC_0195.jpg


ダイニングテーブル。
s-DSC_0196.jpg


同じくらいの広さの個室が3部屋。
今までの板のようなベッドからするとふんわり感が倍増。
でも日本人の感覚からすればまだまだ硬い。
しかし贅沢は言えません。
s-DSC_0200.jpg



s-DSC_0201.jpg




一つの部屋を横切らないとでられないベランダにある洗濯機。
これも先の住人が置いて行ったもの。ほかに冷蔵庫も残していってくれて、出費が大幅に節約できそうです。
但し、洗濯するにはベッドの横を「ごめんなさいよー」と横切る必要があるのはちょっと不便ですねぇ。
s-DSC_0205.jpg


バスルーム。
西洋風の細長いバスタブが日本人には最高。
今まで、会社のトイレでシャワーのみでしたから、ゆったり浸かれる癒やし空間ができました。
女性のSさんは部屋の横に続きでシャワールームがあるので、たぶんここは普段はおっさん二人が使うことに
なりそうです。
でも、お湯に浸かりたかったらいつでもオッケーですからね。
s-DSC_0208.jpg


窓から下を見下ろすと、庭が……。
おおー、なかなかいい眺め。
s-DSC_0204.jpg


橋の向こうの小高い丘は、亭林園という観光名所。
休日の散策にはちょうどいい運動になりそう。
それにアパート前の通りには飲食店をはじめ、いろんな店が徒歩圏内にあるので今までとは格段に便利になりました。
何よりも仕事場と離れることで公私のメリハリができて精神衛生上もいいですね。
s-DSC_0203.jpg


今日は引っ越し荷物の移動と、大掃除、買い物……。
一日がそれで潰れそうです。



よろしければ いやいや 是非とも応援ポチリ! お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





ありがとうございまーす!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。