番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周庄観光

中国のゴールデンウィークの連休に昆山からバスを3回乗り継いで周庄という古い家並みが残る観光地へ行って来ました。

この日は連休初日。混雑することは予想してましたが、バスも満席状態でした。
例によって同居人二人が一緒です。



アパートを出発してからかれこれ2時間半ほどしてようやく到着。
最初に目に入ってきたのがこの塔。
気のせいか、少し右側に傾いて見えます。
外観は趣きがあるのですが、中にはエレベーターがついておりました。
s-20150501012.jpg


門の上に立つ中国版シャチホコ。
日本は尾を内側に反らせているだけですが、こちらは一旦内側に反ってから外側に反り直すような形が普通みたいです。
s-20150501021.jpg



s-20150501042.jpg


水郷の街を一番よく体感できるシーン。
後ろで櫓を漕ぐタイプの遊覧船が隙間なく続きます。
チケット売り場も超満員で、どれだけ待ち時間があったことやら。
s-20150501046.jpg


石橋の先は幅2mもないくらいの狭い路地。
行列が進みません。
路地の両側には土産物店が並んでいるので、買い物をする人が立ち止まるため余計に渋滞。
日本だと順路が決まっていることが多いのに、ここはそれがないので狭い道に往復の人が集まってくる。
結構きついです。
s-20150501049.jpg


観光船の渋滞。
s-20150501060.jpg


鵜もお疲れのようで、ピクリともしません。
s-20150501062.jpg


散々人混みの中を歩き回った後でモーターボートに乗ることに。
結構な繁盛ぶりで、5,6艘あったボートが休みなくフル回転です。
s-20150501075.jpg


橋の下をボートがくぐって向こう側を大きくぐるーっとターン。
再び橋をくぐって戻って来ます。
時間にして数分ですが、かなりのスピードを出しているので興奮します。
s-20150501083.jpg


最後は帰りのバスに乗る風景。
一見穏やかなシーンに見えますが、実際は修羅場。
乗り口に殺到する人とそれを整理する係員の怒号が飛び交い、日本人はどん引きしてます。
最初から最後まで何とも濃ゆーい一日でした。
s-20150501087.jpg





よろしければ いやいや 是非とも応援ポチリ! お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





ありがとうございまーす!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。