番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩船寺

浄瑠璃寺から10分もかからない所にある岩船寺。
仏塔古寺18尊霊場第4番ということでここにも立派な三重の塔があります。
因みに、浄瑠璃寺は第10番なんですね。

さすがにここは浄瑠璃寺ほどメジャーではないのか、参拝者がほとんどありません。
でもある意味、こちらの方が古寺って形容にぴったりはまる雰囲気があります。
RY-20111115-岩船寺 (2)_01


こじんまりとした境内に池と本堂と三重の塔。
♪山寺の~和尚さんが~♪ってメロディーが頭に浮かんできますよ。
当然のことながら、本堂内の撮影は禁止ですが阿弥陀如来座像と四天王立像は見応え十分です。
薄暗かった浄瑠璃寺と違って堂内は照明もあって比較的明るいので、四天王像のお姿の細かいところまで観察できます。
それに触れそうなほどの距離なのでじーっと見入ってしまいました。
RY-20111115-岩船寺 (12)


檜皮葺の屋根もいいですが、やっぱり瓦葺き。
朱色とグレーと背景の緑のマッチングが最高です。
RY-20111115-岩船寺 (19)


本堂の前に咲かせてあった大輪の菊。
薄紫が実物の色を写真で再現できてないのがちょっと不満ですが。
菊といえばひらパーの菊人形展。
毎年この時期には大河ドラマをテーマにして開催されてたんですけどねー。
数年前からやらなくなってしまいました。
菊人形師が後継者不足なんだそうで、ひらパーだけじゃなくてあちこちの菊人形展がなくなってます。
あっ、関西以外の方にはひらパーってなんじゃい?ってなもんですね。
大阪のひらかたパークという老舗遊園地です。
よく子供の頃に連れて行ってもらいました。
RY-20111115-岩船寺 (37)


最近は鬼瓦にも妙に興味が湧いてきて、一番最初の写真の山門の上に見つけました。
睨み効かせてます。
RY-20111115-岩船寺 (46)


軒先には桃?
言われとかはよく知らないんですけど、よそでも軒先によく見かけます。
RY-20111115-岩船寺 (47)


この三重の塔の木組は凄いです。見ていて飽きません。
さすが、重要文化財。
で、みなさん、何か視線を感じませんか。
中央の隅木の下の方から。
RY-20111115-岩船寺 (27)


拡大すると……。
隅鬼(あまのじゃく)。
四方の隅木を室町時代の創建から支えてくれてるんですね。
お役目、ご苦労さんです。
子供の頃、親に「お前はあまのじゃくやなー」ってよく言われた。
根性悪、性格悪いってイメージだったけど、結構頑張ってるやン。
RY-201111150-岩船寺 (29)



よろしければ 応援 ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。