番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開かずの窓

今朝の朝日新聞を見ていてある記事に目が釘付け。
何と、姫路城天守の最上階に幻の窓が見つかったと言うではないか。
昭和の大修理の際には図面には記されていたということですが、公式記録としては残っていなかったそうです。
それが今回の平成の大修理で壁土をはがして壁板を取っ払ったら鴨居と敷居が出てきたそうな。

写真は朝日新聞からお借りしています。



左が現在の窓配置で、右が新たに見つかった窓を合成したもの。
四隅に新たに8ヶ所の窓が追加された状態です。
なんか、イメージが違って見えますね。
名古屋城に似てると感じたのは私だけでしょうか。
RY-img0011.jpg

早速現地へ行ってこの目で確かめたくなりましたねぇ。

係の人が説明されている動画は下のサイトで見ることが出来ますよ。

http://www.asahi.com/national/update/1118/OSK201111180206.html

但ーし、必ず戻って来るように。
校長先生からの伝言です。(関西のお笑い好きには分かるネタです。ちょっと古いけど)




よろしければ 応援 ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト
|    |  

Comment

No title

お久しぶりです
仕事の方は少し落ち着かれましたか

天守の件
当地地方紙にも大きく取り上げられていました
ご案内の動画見ました
でもそのあと右端の写真が目に留まり
その足で少し寄り道してしまいました

3代目「北新地クィーン」にあやかさん27歳

つい誘惑に負けて・・

でも帰ってきました、そしてこれを書いてます
ほんとうに申し訳ございませんでした
「このふらちな心の乱れを厳粛に受け止め・・
「襟を正して粛々と・・

また寄ります




2011/11/19 (Sat) 23:14 | imajin #- | URL | 編集 | 返信

幻の窓

こんばんは、私も今日の新聞を見て興味深々です。

姫路市が作った、“窓”の増えたCGも見ましたが、やはり子供のころからほうが見慣れている“姫路城”の方が落ち着きますね~。

でも、このような大掛かりな修理でないと発見されない事ってあるんですね。

これって、天空の城(姫路城見学施設)に今いけば観れるのでしょうかねえ~

2011/11/19 (Sat) 23:29 | ちびさん #- | URL | 編集 | 返信

Re: No title

imajinさん、よくぞ寄り道してくれました。
わたくし、見落としていました。
あやかさん、お綺麗です。
でも北新地はちょっとお高くつきそうですね。

着物美人と言えば、大相撲中継で毎日花道の横の同じ席で観覧されている着物姿のご婦人が気になってしょうがないです。
それも毎日お着物が替わってます。
あと一週間だけのマイブームになってます。
imajinさんも是非。
花道の向かって右です。デレッ。

Re: 幻の窓

ちびさん、こんばんは。
最上階の見学ブースから真っ正面で見えるんじゃないでしょうかね。
築城中の地震の教訓で耐震補強したというのが真実なら、賢明な判断だったんですね。
そうでなきゃ、今現在こうして雄姿を見ることが出来なかったかも知れませんし。
昔の人は理論で裏付けされてなくても経験や直感で合理的な結論を出すところが凄いですよね。

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。