番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西国巡礼 始めました

唐突ですが、西国三十三ヶ寺巡りを始めることに。
また何で急に信心深くなったかって?
別に信心深くなったわけでもなく、以前に行ったお寺で巡礼の方が御朱印を書いてもらっているのを横目で見ていたことがあって、その達筆なこと。
その時はそれで終わったけど、自分もああいうのを書いてもらいたいと思い続けていたわけであります。

ということで、私の巡礼の目的は御仏にすがるとか厄払いするとかではなく、単に御朱印集め。
小学生がお菓子のおまけシールを集めるのと同じ思考レベルです。

ですから、今のうちに宣言しておきます。
いつ飽きてやめるか分かりません。(笑)
西国は四国のように1番から順に回る必要もないと言うことですが、やっぱり気持ちの問題。
ここは1番から。
朝8時に出発して和歌山県は那智勝浦の青岸渡寺へ。
午後1時過ぎに参道下の駐車場へ到着。
熊野古道を思わせるような石段を登ります。
距離はそんなになかったけど、加工してない石を並べているようなこの石段は思いの外きつい。


仁王門へ到着。
RY-IMG_0476_01.jpg


そこから64段の石段を登ると本堂。
たかが64段と侮るなかれ。
それまでの階段がボディーブローのように効いてきて手摺がなかったらギブしそうに……。
RY-IMG_0495_01.jpg


現在の本堂は1800年代に再建されたものらしいが、結構傷んでる。
でも趣があっていいやね。
RY-IMG_0510_01.jpg


RY-IMG_0503.jpg

ご本尊は当然のことながら写真撮影禁止。
でもそれ以外のアングルなら堂内撮影OKということなので。
右端に映ってるお坊さん。
御朱印のこととか親切にいろいろ教えていただきました。
RY-IMG_0496_01.jpg


隣に熊野那智大社があります。
今回は青岸渡寺が目的なので軽くスルー。
狛犬もいなかったしね。
RY-IMG_0492_01.jpg


本堂脇からは真っ正面にかの有名な那智の滝が見える。
滝の落ち口(っていうのか?)は3ヶ所に分かれてるんですね。
イメージしていたより水量が少なかった。
RY-IMG_0509_01.jpg


ご存じ、定番のアングル。
手前の三重の塔はコンクリート造りで中へ入る事が出来ます。
最上階はお城の廻り縁のごとく、外へ出られて滝の展望台に。
知る限り内部へ入れて上の層へ登れる塔は他にないのでは?
RY-IMG_0540_01.jpg


社務所で調達した集印帳。
これに今後続々と三十三ヶ寺の御朱印が増えていく(はず)のです。
RY-IMG_0555.jpg


ジャーン。記念すべき第1弾。
ここで少し心配なことが。
そのうちにどこでもらったものか分からなくなりそうな気が。
だって、達筆すぎて読めないんだもん。
順番通りに行くしかないか。
RY-IMG_00553_01.jpg


この後、帰路でいろんな事があってすべての原因は無計画で思い付きのままに車を走らせてることに原因はあるのですが、その話はまた今度。



よろしければ 応援 ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title

あれぇー。御朱印帳は、三十三か所のものにされなかったんですね。たしかに、達筆すぎて、あとから見なおすと「どこだっけ??」状態になります(笑)お軸はされないんですか?御詠歌バージョンでされている方がいて、私もそれにすればよかったかなー、って最近思ってます。いいんですよ、それがまた。

うっかりすると、ぬかされそうですね。頑張らんと!

追伸。和歌山からの道って竜神方面ですか?以前、白浜からの帰りに、似たような経験をしました。当方セダンで、後ろの車がパジェ○。でこぼこ、ガードレールもない山道を離れずに、ずーっとついて来られて、別な意味でも怖かったことを思い出しました(笑)

2011/12/27 (Tue) 00:37 | sayuri #- | URL | 編集 | 返信

Re: No title

sayuriさん、こんばんは。
> あれぇー。御朱印帳は、三十三か所のものにされなかったんですね。
両方並んであったんですけどね。三十三ヶ所以外のところでももらおうかなと思って。
それにこっちの方が300円安かったし……

>お軸はされないんですか?
???何それ? おせーて、おせーて。

> うっかりすると、ぬかされそうですね。頑張らんと!
はーい。うっかりしてて下さい。

> 追伸。和歌山からの道って竜神方面ですか?
わかりませーん。
ナビの仰る通りに走ってたらああいう顛末になった次第。
ただ1つ言えることは、ナビ頼りになるとまったく道や方角を覚えなくなりますね。
昔は道路地図膝の上に広げて走ってたのに。
便利なのか不便なのか。

2011/12/27 (Tue) 21:15 | 山城守 #- | URL | 編集 | 返信

お軸、掛け軸です、真ん中に観音さまが描かれていて、周りをぐるっとご朱印が囲んでいるヤツ。これが、御詠歌のがあるんですよ。
あれが、いいなぁって、最近思い始めてます!

では、今年もお世話になりました。よいお年を〜(*^o^)/\(^-^*)

2011/12/30 (Fri) 13:49 | sayuri #- | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

sayuriさん、わざわざどうもです。
なるほど、見たことあります。
こちらこそ、一年お付き合いいただいて感謝です。
また来年もお付き合いのほどを。

2011/12/30 (Fri) 20:33 | 山城守 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。