番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊国神社

厳島神社を見下ろす高台にある豊国神社。
通称、千畳閣。島内最大の建築物とか。
豊国神社という名前の通り、豊臣秀吉が天正15年に安国寺恵瓊に命じて建てた大経堂。
建てたといっても工事の最中に施主である肝心の秀吉が死んじゃったから建設中断したままになったそうな。
なんか作り始めたダムを途中で中断してまた再開してと似たようなことを現代もやってますな。この国は。

未完成とはいえパッと見は「え? どこが途中なの?」
外観はほぼ出来上がってたのかな。
縮小-IMG_0689


建物の周囲をぐるりんと武者走りのように廊下?が。
縮小-IMG_0697


こういう建物に行くとついつい軒下を見上げてしまう。
この垂木の1本1本をカッターで切り離してヤスリ掛けしてスプレー、木工ボンドで……と。
ああ、肩凝るって安土城模型やないっつうの。
縮小-IMG_0701


内部は御神座の真上以外は天井板も張られてない。
その代わり、数え切れないほどの額が。
みんな年代物。
そう言えば、両国国技館の優勝力士の額がみんな外国人力士になったとか。
確か30数枚あったと思うから、5年ほどは日本人力士が優勝してないって事?
いやはや、大相撲界はグローバル化が進んでますねぇ。
縮小-IMG_0704


縮小-IMG_0707



このお堂の内部には興味深いものが結構あります。
まずはこれ。
船の舳先だけがニョキッと壁から突き出してます。
昔からあったのかどうかはわかりませんが、オブジェとしてはかなり前衛的な感覚。
縮小-IMG_0716


400数十年前にもつけまつげブームが。
目元ぱっちり!
これ彫った人、掘りながらよく吹き出さなかったモンだ。
縮小-IMG_0718-2


大王ー!
縮小-IMG_0699

縮小-IMG_0727


隣にある五重塔。
こちらは完成品。
和様と唐様を調和させただけあって屋根の反り具合は中華風。
応永14年建立と言うから1407年。
応仁の乱の60年前に出来たとは思えないほどに綺麗。
千畳閣の隣だけに「いよ!千畳役者!」ってそりゃ,千両役者やろ。

しょうもない関西風ボケ突っ込みでした。
縮小-IMG_0721




よろしければ 応援 ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  つけまつげの外し方
  • つけまつげは、丁寧に外さないと、自分のまつげを痛めてしまいますので注意しましょう。つけまつげの根本に指を添えながら、ねじれないようにそっと外しましょう。特に目尻の方から...
  • 2012.01.29 (Sun) 22:32 | つけまつげしま専科
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。