番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷寺の十一面観世音菩薩

長谷寺の本尊、十一面観世音菩薩の特別拝観。見てきました。
3/4~5/31まで普段は遠くから上半身しか見られない観音様を本堂の裏側へ入って足元からぐいーっと見上げることが出来る。
ついでに足の甲を撫で撫ですることも。

身の丈10メートル以上もあるこの観音様は天文7年(1538年)に作られたそうでこれだけ間近に見上げることが出来るのはそうそうない。
拝観料1000円(ちょっと高くない?)を払って本堂の裏側へ通じる入り口を入ると係の女性が左手にこんなのをはめてくれました。
「おお、ミサンガね」と言ったら
「そうですね」と笑われてしまった。
おかげで正式名称を聞くの、忘れてしまった。
2012_04_09_img0_20120409003402.jpg


当然のことながら、写真撮影は禁止。
下の写真はパンフレットからの転用です。



それ以上にあんぐりしたのが大講堂で公開中の十一面観世音菩薩御影大画軸。
本尊の観音様をほぼ原寸大に描いてあるそうで、16.46m×6.22M。重量125.5㎏という途方もないサイズ。
講堂の大広間150畳をめいっぱい使ってやっと展示できてるって感じ。
もちろん日本最大。
一応見学するところは仮設スタンドが設けられていて斜め上から見るのですが、お顔は遙か彼方。
2012_04_09_img0.jpg



この後興福寺南円堂にも行ったので、年頭から始めた西国巡りも和歌山、奈良エリアはクリア。
次回からはいよいよ地元の京都編です。
ここで自分なりのこだわり。
絶対順番に行く。
ボタンの季節やモミジの季節に合わせて順番を変えて、なんか駄目!
で、長谷寺の桜も来週が見頃みたいなのを今週無理矢理。
現在、枝垂れ桜はそれなりにですが、ソメイヨシノはやっと咲き始めって感じです。

それにしてもスタートダッシュはいいのに持久力のない性格そのもの。
一旦興味を持ったらのめり込んでしまう。
多分、私の筋肉は真っ赤っかです。
誰かの台詞やないけど、競技場を出たらもうロサ・モタの姿が見えなかったってやつです。
バテるのが早い。
この勢い、いつまで続くやら。


よろしければ 応援 ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
権造桜   
|    |  

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  まとめteみた.【長谷寺の十一面観世音菩薩】
  • 長谷寺の本尊、十一面観世音菩薩の特別拝観。見てきました。3/4〜5/31まで普段は遠くから上半身しか見らと係の女性が左手にこんなのをはめてくれました。「おお、ミサンガね」と言っ
  • 2012.04.09 (Mon) 01:21 | まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。