番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西国第4番 施福寺

西国観音霊場33ヶ寺の中で醍醐寺、観音正寺と1,2を争う難所と言われる第4番札所、槇尾山施福寺です。
行ったのは3月10日、前日の雨で少し足元が心配でしたが、結願成就すると決めた(今のところ)以上、雨ごときで延期するなど許されない。

昔の人は麓から歩いたんだ! ってセルフマインドコントロールをして……。

観光センターに車を駐めていざ。
道端のせせらぎなんか見ながらまだまだちょろいもん。



まだまだ前半の坂道。
これなら楽勝 って思ってたら案外これがボディーブローのようにふくらはぎにきます。
写真では分かりづらいけど結構な勾配。
足首をぐっと曲げた状態が続くわけで……
s-IMG_1914.jpg


それでも仁王門を過ぎたあたりまではまだ余裕。
この日はバスツアーの団体が来られていて午前10時頃だというのに早くも上から降りてくる人が。
ここで聞かなくてもいいものを、つい「あとどれくらいありますか?」って。
「まだここまでの2倍以上はあるよ。それにきつい山道だし」って聞きたくないお答え。
s-IMG_1850.jpg


確かにそのとおりで、まもなくするとこんな感じがずっと、ずーっと、ず~~っと。
おまけにぬかるんでるところもあって、何度ズルーッって滑って転びそうになったことか。
またこのズルーッが堪えるんですねぇ。
たとえ仰向けに転ぼうが手にしたEOS60Dだけは守らねば。
s-IMG_1903.jpg


途中、後ろから団体のおばちゃんにお先にーってされながらも、やっとこさ弘法大師が剃髪したという愛染堂に辿り着きました。
いかにもお堂の写真を撮ってる風を装ってしばしの間、ゼーゼーが鼻で息できるまで休憩。
でもこれで何回目の休憩かわからん。

一回目の休憩をしたら、確実に二回目以降は休憩の間隔が短くなるのを実感。
s-IMG_1865.jpg


よし、パワー回復したしって見上げたらこの階段。
あんたらなぁ、なんてことしてくれんねん。ほんま。
バリアフリーにしといてよ。
s-IMG_1867.jpg


這いつくばるようにして登りきった眼前にやっと本堂が……。
一体何人分の修行してんだか。このしんどさは。
そんなん、預かってきた覚えないぞ。
で、山上の写真は少なめ。
なぜかって? しばらくへたり込んでたから。
s-IMG_1881.jpg


ピンク色が目に眩しかった。
ま、これを見られただけでもいいか。
s-IMG_1891.jpg


これを貰うために来たんだーって思うと、しんどいのもちょっと我慢できる。
s-img.jpg


ここの御詠歌は
深山路や 檜原松原 わけゆけば 巻の尾寺に 駒ぞいさめる

ふう。



よろしければ 応援 ポチリ! お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
|    |  

Comment

お疲れ様でした。
お寺で「あとこの先~」は、禁句ですよ!!「勘弁してや」って何回思ったことか(笑)あと、長命寺も、まともに行ったら大変な所なので、駐車場の場所選定には気をつけてください。

この勢いだと、完全に抜かされますね。いいんだ、いいんだもーん。

2012/04/17 (Tue) 22:32 | sayuri #- | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし

確かにあれは禁句でした。
「もうちょっとですよ」って答えをつい期待してしまいました。
近々に上醍醐の順番が来るのですが、正統派で女人堂からえっちらと小一時間も登るか、ずるして裏道から車で尾根の上まで登ってしまうか、ただいま悪魔と天使がバトル中です。(笑)

>長命寺も、まともに行ったら大変な所なので、駐車場の場所選定には気をつけてください。
今ネットで調べたら808段の階段があるとか。こちらも車で上まで行ったら100段ほどで済むらしいけど、こちらもサタンとエンジェルがファーイト!。
さて、どちらのセコンドにつこうか。

> この勢いだと、完全に抜かされますね。いいんだ、いいんだもーん。
施福寺ではおばちゃんにお先にー!されたけど、反対にお先にー!できるかも。
しかしながら、ラビット山城守はすぐ怠け癖が出てしまうのでした。~つづく。

2012/04/18 (Wed) 08:48 | 山城守 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。