番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春日山城

最近城巡りの記事がご無沙汰でした。
久し振りの訪城記です。

5月の連休明けに4泊5日で東北を行脚した最初の訪問地、春日山城です。
朝7時に京都を出発して春日山城に着いたのが11時半頃。
これほど有名な史跡の割には駐車場が狭くて10台も駐車できるかどうかというスペースに駐めてふと見上げると、謙信公の銅像が見下ろしてます。
ほんとは銅像の間近まで行って見上げてみたかったのですが、近くまでは行けないらしい。



本丸へは何通りかの登り口があるが地図を見て一番効率のいい経路を考えて春日山神社からその脇道を登ることに。
これが春日山神社。
s-IMG_3189.jpg


神社脇の上り坂をしばらく登ると千貫門跡へ。
どの古絵図にも必ず描かれている門ということで、敵の侵入を防ぐ重要な門だったと言うことです。
s-IMG_3198.jpg



奥の説明板の近くまで行くと目の前に見事な空堀が。
敵を上から落とすように仕組まれた堀らしい。
s-IMG_3200.jpg


さらにさらに登っていくと、三段に区切られた直江屋敷跡へ出ます。
上杉家の重臣・直江家の屋敷址と伝えられ、謙信の父為景の代から仕えて、愛の兜で有名な直江山城守兼続が跡目を継いで景勝の家老として活躍した家柄です。
そうかぁ、ここに妻夫木聡がいたのかぁ。
s-IMG_3206.jpg


春日山城で有名処というとこの毘沙門堂。
謙信が出陣前には必ずここに籠もったとか。
ん? 洞窟じゃない。
あれはNHKの創作ですね。
s-IMG_3216.jpg


中はどないなってんのかなと覗いてみたら、小振りの毘沙門天が正面に祀られてました。
s-IMG_3218.jpg


護摩堂を通り過ぎていよいよ本丸へ。
特に何もない広場。
一番の高台だけあって見張らし最高。
s-IMG_3225.jpg


このあと、景勝屋敷址、柿崎出羽守屋敷址、御館の乱で景勝に敗れた景虎屋敷址と巡った後、謙信の墓のある林泉寺へ。


よろしければ 応援 ポチリ! お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ありがとうございまーす!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。