番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タムロン凄い

注文しておいたタムロンの交換レンズ18-270mm F/3.5-6.3 Di2 VC PZD が届いたので早速試し撮りに行ってきました。
これまではキャノン純正の18-200mmレンズを使ってましたが、屋根の上の鯱や鬼瓦を撮るのにもう少し望遠側が欲しいと思っていたので思い切って買っちゃいました。

定価84000円をフィルター、ソフトケース付きで60000円弱。(消費税込み)




超倍率につきものの広角側でのサイドの歪みやレンズの暗さは致し方ないものとしてその点を補って余りあるのはVC機能(手ぶれ補正機能)の正確さとピアゾ素子を採用したモーター駆動の静寂性。

手ぶれ補正はファインダー内の画像がピタッと静止します。
この点はキャノン純正レンズを凌駕してます。
270mmめいっぱいでもファインダー内で画像が揺れないんですから。
s-IMG_4137.jpg


モーター駆動音は殆ど気にならないくらい静かです。
さすが、人気のあるレンズだけのことはある。
それに前のやつに比べて軽いのがいいですね。
s-IMG_4150.jpg


これから私の主力レンズになると思います。
何と言っても煩わしい現場でのレンズ交換の手間が省けるのがずぼらな人間には何よりの魅力。
次はマクロレンズかな。

s-IMG_4170.jpg




よろしければ 応援 ポチリ! お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ありがとうございまーす!
関連記事
スポンサーサイト
林泉寺   
|    |  

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。