番匠 山城守Ⅱ ★Banjoh Yamashironokami Ⅱ☆

お城好き、神社仏閣好きのブログです。現在、中国の昆山に赴任中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛越寺

奥州藤原2代基衡、3代秀衡が造営した毛越寺。
広大な庭園に大泉ヶ池が広がってる。

この伽藍復元図を見るまでは宇治平等院そっくりが建物が建っていたとばかり思ってたけど、なんか全然違うイメージ。
両翼にあたる回廊部分が平等院より遙かに長い。
正面から見た復元CGが頭にあったからか。



まずは本堂へ行って マンマンチャンアン してから庭園の方へ。
s-IMG_3472.jpg


左側にちょろっと見える中島と向こう岸まで架かる二つの橋があったらしい。
s-IMG_3479.jpg

s-IMG_3485.jpg


池中立石(ちちゅうたていし)
荒磯の風情を表現してあり、飛島には約2.5メートルの立石が据えられている。
毛越寺庭園を象徴する景趣である。(パンフレットより)
うん、なるほど。ってわかってんのかい!
s-IMG_3521.jpg


これは開山堂。
毛越寺開山慈覚大師をおまつりする堂。
s-IMG_3488.jpg


遣水。
谷川を流れ下り更に蛇行しながらゆったりと平野を流れる川の姿を模した。
ここで杯を浮かべて和歌を詠む「曲水の宴」が開かれる。
関西人には曲水の宴と言えば京都城南宮がすぐ頭に浮かぶところ。
奥州でも平安貴族の優雅な遊びだったんか。
s-IMG_3506.jpg


常行堂。
享保17年(1732)に再建されたものとか。
再建されたと言ってももう300年近く経ってるのか。
s-IMG_3518.jpg


[広告] VPS




よろしければ 応援 ポチリ! お願いします。
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ありがとうございまーす!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。